10─12月期実質GDPは前期比+0.3%、年率+1.4%

内閣府が14日発表した2018年10─12月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比プラス0.3%、年率換算プラス1.4%となった。

民間調査機関の事前予測では、予測中央値は前期比プラス0.4%、年率プラス1.4%だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です