海外経済、下振れリスクが拡大 物価への影響懸念も=日銀10月会合

日銀が26日公表した10月30─31日の金融政策決定会合の議事要旨によると、海外経済の下振れリスクが大きくなっているとの認識が大方の委員で共有され、予想物価上昇率への影響を懸念する声も出た。金融政策運営は、現行の緩和策を粘り強く続けることが適切との見解が示される一方、金融機関収益への影響を注視していく必要性が共有された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です