WTI原油9%高!なんだこりゃ。

こんにちは。PEE KOBAYASHIです。

水曜日(12月26日)のWTI原油は米国株の大幅上昇を背景に、4日ぶり反発しました。前日比3.90ドル(又は9.13%)高の1バレル=46.60ドルで取引を終えました。石油輸出国機構(OPEC)と同盟国は原油市場の下支えのため必要に応じて協力する意向だと、ロシアが示唆したことも材料視されました。

株、ドル、原油が連動。分散投資にならず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です