為替、政治イベントの結果待ち?!

こんにちは。PEE KOBAYASHIです。

25日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、実需筋のドル買いなどにより、1ドル=109円台後半で底堅く推移しています。正午現在、1ドル=109円70~70銭と前日(午後5時、109円71~75銭)比01銭の小幅ドル安・円高。

ユーロは午前9時に比べ、対円で小高く、対ドルでは小動き。正午現在、1ユーロ=124円18~18銭(前日午後5時、124円74~74銭)、対ドルでは1.1319~1320ドル(同1.1367~1368ドル)。

来週は29日に英国で欧州連合(EU)離脱協定の代替案の採決が行われるほか、30日からは米中閣僚級通商協議が実施される見通しで、これらの欧米の政治イベントの結果を見極めたいとのムードが強まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です