米FRB金利据え置き決定、一段の利上げには「忍耐強く」対応

米連邦準備理事会(FRB)は29─30日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2.25─2.50%に据え置くことを決定した。同時に、米経済見通しを巡る不確実性の高まりを挙げ、年内の一段の利上げに忍耐強くある姿勢を表明。2015年に開始した利上げサイクルが終了した可能性があることを示す最も明白なメッセージを発した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です