第4四半期の独GDP速報値、前期比変わらず

ドイツ連邦統計庁が発表した昨年第4・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、前期比の伸び率がゼロ%となり、リセッション(景気後退)入りはかろうじて免れた。ロイターがまとめた市場予想は0.1%増だった。第3・四半期は2015年以来のマイナス成長に陥っていた。

ドイツ企業は、世界的な景気減速や、トランプ米大統領の「米国第一主義」政策を背景とした貿易摩擦に苦しめられている。英国が3月に合意なく欧州連合(EU)を離脱するリスクも不透明感を強めている。

2018年通年のドイツ経済の成長率は5年ぶりの低水準だった。今年の成長率は1%と、一段の鈍化が予想されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です