12月機械受注は前月比-0.1%

内閣府が18日に発表した12月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比0.1%減の8626億円となった。2カ月連続の減少。ロイターの事前調査では1.1%減と予想されていたが、予想ほど落ち込まなかった。

機械受注統計は機械メーカーの受注した設備用機械について毎月の受注実績を調査したもの。設備投資の先行指標として注目されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です