中国製造業PMI、2月は3カ月連続で50割れ

中国国家統計局が発表した2月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は49.2と前月の49.5から低下し、2016年2月以来3年ぶりの低水準となった。業況改善・悪化の分かれ目となる50を3カ月連続で下回った。国内外の需要低迷が引き続き経済に打撃を与えていることが示された。輸出受注の落ち込みが世界的金融危機以降で最大となったことが響いた。

製造業PMIは市場予想(49.5)も下回った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です