FRB高官から相次ぐタカ派発言を背景に、米10年債利回り上昇。来年からの利下げ転換期待が剥落し、9月からは量的引き締め(QT)が2倍のスピードに引き上げられていく中、ドル買い・円売り&株売り。

こんにちは。PEE KOBAYASHIです。

今週の投資結果報告です。

株式

現物保有銘柄一覧
INPEX<1605> 含み損益額-1,217円
安藤・間<1719> 含み損益額-2,284円
JAC Recruitment<2124> 含み損益額+9,585円
シイエム・シイ<2185> 含み損益額+2,504円
森永製菓<2201> 含み損益額+644円
ゲンダイエージェンシー<2411> 含み損益額-2,130円
ディー・エヌ・エー<2432> 含み損益額-5,150円
バリューコマース<2491> 含み損益額-123,075円
ユナイテッド<2497> 含み損益額-18,815円
エバラ食品工業<2819> 含み損益額+50,674円
ファーマフーズ<2929> 含み損益額-121,775円
ジェイフロンティア<2934> 含み損益額+15,125円
日清紡ホールディングス<3105> 含み損益額+8,310円
アズマハウス<3293> 含み損益額+1,073円
ピーバンドットコム<3559> 含み損益額-2,588円
エニグモ<3665> 含み損益額-10,087円
デジタル・インフォメーション・テクノロジー<3916> 含み損益額+16,185円
光ビジネスフォーム<3948> 含み損益額+17,982円
セントラル硝子<4044> 含み損益額+75,225円
網屋<4258> 含み損益額+4,199円
ユークス<4334> 含み損益額+50,401円
ミズホメディー<4595> 含み損益額+99,025円
オリコン<4800> 含み損益額+11,301円
ACCESS<4813> 含み損益額+6,762円
エン・ジャパン<4849> 含み損益額-25,951円
プレミアアンチエイジング<4934> 含み損益額-644,035円
アグロ カネショウ<4955> 含み損益額+7,910円
SECカーボン<5304> 含み損益額-13,535円
ヨータイ<5357> 含み損益額-8,198円
日本伸銅<5753> 含み損益額+66,085円
高周波熱錬<5976> 含み損益額+3,053円
MRT<6034> 含み損益額+65,585円
ファーストロジック<6037> 含み損益額+549円
アイ・アールジャパンホールディングス<6035> 含み損益額-458,635円
KeePer技研<6036> 含み損益額+154,425円
キャリアリンクス<6070> 含み損益額-9,775円
日本郵政<6178> 含み損益額+2,815円
サトーホールディングス<6287> 含み損益額-915円
帝国電機製作所<6333> 含み損益額+50,729円
日立<6501> 含み損益額+43,665円
ウェルビー<6556> 含み損益額+6,194円
ヤ―マン<6630> 含み損益額+13,785円
電気興業<6706> 含み損益額-292円
セイコーエプソン<6724> 含み損益額-2,851円
アドバンテスト<6857> 含み損益額-29,120円
テイ・エス テック<7313> 含み損益額+2,652円
ベビーカレンダー<7363> 含み損益額-17,921円
コンフィデンス<7374> 含み損益額-117,875円
ニコン<7731> 含み損益額+16,744円
任天堂<7974> 含み損益額+461,817円
東京エレクトロン<8035> 含み損益額-219,179円
ムーンバット<8115> 含み損益額+1,368円
東陽テクニカ<8151> 含み損益額-225円
山口フィナンシャルグループ<8418> 含み損益額+2,264円
第一生命ホールディングス<8750> 含み損益額-18,478円
Recovery International<9214> 含み損益額-45,232円
デリバリーコンサルティング<9240> 含み損益額-11,615円
セレスポ<9625> 含み損益額+13,985円
アイエックス・ナレッジ<9753> 含み損益額-2,108円
ソフトバンクグループ<9984> 含み損益額-131,235円

信用建玉一覧
なし

確定損益額
+191,135円

為替

建玉一覧
なし

確定損益額
0円

仮想通貨

建玉一覧
なし

確定損益額
0円

商品

現物保有銘柄一覧
なし

信用建玉一覧
なし

確定損益額
0円

トータル

トータル含み損益額
-859,691円

トータル確定損益額
+3,135,267円

FRB高官から相次ぐタカ派発言を背景に、米10年債利回り上昇。来年からの利下げ転換期待が剥落し、9月からは量的引き締め(QT)が2倍のスピードに引き上げられていく中、ドル買い・円売り&株売り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。