米大統領、上院可決のつなぎ予算に署名せず 、「壁」建設費用要請=ライアン下院議長

米共和党のライアン下院議長は20日午後、トランプ大統領が上院が可決したつなぎ予算案には署名しないと述べたことを明らかにした。

ライアン議長らはこの日、トランプ大統領と協議。協議後に記者団に対し、トランプ大統領は米国の国境を守るための予算の確保に向けた合意を望んでいると表明。

上院は前日、連邦政府機関の一部閉鎖を回避するため、来年2月8日までの支出を手当てするつなぎ予算案を可決した。ただ同予算案にはトランプ大統領が要求するメキシコ国境の壁建設費用は含まれていない。現行のつなぎ予算は21日に期限を迎える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です