年初から大荒れの為替市場!!

おはようございます。PEE KOBAYASHIです。

年明け4日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、1ドル=107円台後半に下落しています。世界景気の減速懸念からリスク回避のドル売り・円買いが先行した海外市場の流れを引き継ぎました。午前9時現在、107円85~85銭と前営業日(午後5時、110円40~40銭)比2円55銭の大幅ドル安・円高。

年明けの米国市場では、米アップルが2日、中国での販売不振を理由に業績予想を下方修正したことを受けて米株が急落。為替市場では円買いが強まり、2日夕には一時104円台後半まで急落しました。

ユーロは対円、対ドルで下落。午前9時現在、1ユーロ=122円84~85銭(前営業日午後5時、126円51~52銭)、対ドルでは1.1390~1391ドル(同1.1455~1455ドル)。

まさに大荒れです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です