ドル売り優勢!

28日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、株安などで売りが優勢となり、1ドル=109円台前半に下落しています。正午現在、109円31~32銭と前週末(午後5時、109円75~76銭)比44銭のドル安・円高。

ユーロも午前9時以降、対円は軟調。対ドルは横ばい圏で推移しています。正午現在、1ユーロ=124円77~77銭(前週末午後5時、124円28~28銭)、対ドルでは1.1413~1413ドル(同1.1323~1323ドル)。

基本的には株価をにらみながら様子見ムード 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です