ドル円、新規の材料を待つ中、値動きは限定的。

おはようございます。PEE KOBAYASHIです。

20日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、新規材料難の中、1ドル=110円台半ばでもみ合いとなっている。午前9時現在、110円57~58銭と前日(午後5時、110円65~66銭)比08銭の小幅ドル安・円高。

ユーロは対円、対ドルで上昇。午前9時現在、1ユーロ=125円39~40銭(前日午後5時、125円04~04銭)、対ドルでは1.1339~1340ドル(同1.1299~1299ドル)。

新規の材料を待つ中、値動きは限定的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です