トランプ米大統領の不満をよそに原油、上値試す!!

こんばんは。PEE KOBAYASHIです。

中東産(ドバイ)原油は3営業日続伸。終値は、中心限月7月きりが前日比810円高の4万5630円、他限月は760~800円高。新ポ8月きりは発会値(4万4790円)比500円高の4万5290円で取引を終えました。

トランプ米大統領が原油高に不満を表明して週初に急落しましたが、その後、すぐに切り返しています。同大統領は昨年11月にも同様の見解を表明していますが、当時とは、産出国が実際に減産を実施しているという状況の違いがあり、同大統領のけん制はそれほど影響がないとみられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です