財新の中国製造業PMI、2月は49.9に上昇

財新/マークイットが1日発表した2月の中国製造業購買担当者景気指数 (PMI)は49.9と前月の48.3から上昇したものの、景況改善・悪化の分岐点となる50を下回る水準にとどまった。輸出受注の低迷が背景。

PMIが50を下回るのは3カ月連続。

ロイターがまとめたエコノミスト予想は48.5だった。

財新/マークイットのPMIは、前日発表された国家統計局のPMIほど弱い内容ではなかった。統計局のPMIは3年ぶりの低水準に落ち込み、輸出受注が10年ぶり低水準となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です