FOMC後のパウエル議長の会見はタカ派的な内容を示唆しながらも具体的な発言を避けたことで、市場が嫌う不透明感を緩和させるどころかむしろ強めてしまう結果に・・・



こんにちは。PEE KOBAYASHIです。

今週の投資結果報告です。

株式

現物保有銘柄一覧
カネコ種苗<1376> 含み損益額-6,889円
石油資源開発<1662> 含み損益額+35,068円
世紀東急<1898> 含み損益額-6,199円
高砂熱学工業<1969> 含み損益額-8,815円
ゲンダイエージェンシー<2411> 含み損益額+245円
ユナイテッド<2497> 含み損益額+40,985円
アスモ<2654> 含み損益額+2,845円
アルフレッサ ホールディングス<2784> 含み損益額-1,515円
エバラ食品工業<2819> 含み損益額+16,245円
ファーマフーズ<2929> 含み損益額-95,175円
北の達人コーポレーション<2930> 含み損益額-25,354円
ジェイフロンティア<2934> 含み損益額-37,175円
イーグランド<3294> 含み損益額+14,285円
ムゲンエステート<3299> 含み損益額-2,622円
ロードスターキャピタル<3482> 含み損益額+14,835円
歯愛メディカル<3540> 含み損益額-424,535円
小松マテーレ<3580> 含み損益額+21,985円
システム情報<3677> 含み損益額-16,715円
デジタル・インフォメーション・テクノロジー<3916> 含み損益額-22,115円
PR TIMES<3922> 含み損益額-118,675円
ダブルスタンダード<3925> 含み損益額+64,400円
ファブリカコミュニケーションズ<4193> 含み損益額-223,475円
森六ホールディングス<4249> 含み損益額+2,214円
アサヒペン<4623> 含み損益額+3,182円
フルキャストホールディングス<4848> 含み損益額+87,085円
プレミアアンチエイジング<4934> 含み損益額-152,535円
住友大阪セメント<5232> 含み損益額-16,556円
SECカーボン<5304> 含み損益額-117,535円
東京鐵鋼<5445> 含み損益額-6,515円
日本伸銅<5753> 含み損益額+69,585円
岡部<5959> 含み損益額+4,700円
パイオラックス<5988> 含み損益額+6,952円
日本動物高度医療<6039> 含み損益額-3,915円
アイ・アールジャパンホールディングス<6035> 含み損益額-209,535円
KeePer技研<6036> 含み損益額-45,075円
キャリアリンクス<6070> 含み損益額-65,975円
木村工機<6231> 含み損益額-53,997円
プラコー<6347> 含み損益額-21,999円
SANKYO<6417> 含み損益額-787円
ウェルビー<6556> 含み損益額-54,415円
ヤ―マン<6630> 含み損益額-44,615円
メガチップス<6875> 含み損益額-86,941円
Fast Fitness Japan<7092> 含み損益額-40,025円
ブロードマインド<7343> 含み損益額-3,338円
コンフィデンス<7374> 含み損益額-136,175円
コパ・コーポレーション<7689> 含み損益額-321,675円
アースインフィニティ<7692> 含み損益額-245,075円
メディキット<7749> 含み損益額-30,849円
シチズン時計<7762> 含み損益額-6,993円
任天堂<7974> 含み損益額+404,817円
三共生興<8018> 含み損益額-199円
ソーダニッカ<8158> 含み損益額+13,081円
ほくほくフィアンシャルグループ<8377> 含み損益額+5,861円
ジャフコ グループ<8595> 含み損益額-234,000円
第一生命ホールディングス<8750> 含み損益額+47,675円
T&Dホールディングス<8795> 含み損益額+22,850円
デリバリーコンサルティング<9240> 含み損益額-31,915円
アイネス<9742> 含み損益額-2,738円
ソフトバンクグループ<9984> 含み損益額-201,035円

信用建玉一覧
なし

確定損益額
0円

為替

建玉一覧
なし

確定損益額
0円

仮想通貨

建玉一覧
なし

確定損益額
0円

商品

現物保有銘柄一覧
なし

信用建玉一覧
なし

確定損益額
0円

トータル

トータル含み損益額
-2,016,701円

トータル確定損益額
+3,954,040円

FOMC後のパウエル議長の会見はタカ派的な内容を示唆しながらも具体的な発言を避けたことで、市場が嫌う不透明感を緩和させるどころかむしろ強めてしまう結果に・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。